学術研究成果

学術研究成果

短期大学生調査(Tandaiseichosa )

2008年から2013年までの「短大生調査」(JJCSS)は、調査研究委員会の責任のもとで、調査票の開発と全体結果の分析を、山田礼子同志社大学教授(本協会調査研究委員会委員)のもとに組織された短期大学調査チームが、「大学生調査研究プログラム」(JCIRP)の研究活動の一環として担当し、さらにチームメンバーによって全体データをもとに研究が行われてきました。下記のこれらの成果に示された見解等は、調査研究委員会の公式のものではなく、研究者個人によるものですが、参加校に提供される個々のデータ、調査研究委員会とJCIRP短期大学調査チームによる「全体集計結果報告」と合わせて活用いただくことによって、より広く、深い知見が得られるものと考えます。

2014年からの「短期大学生調査」(
Tandaiseichosa )は、調査研究委員会の責任のもとで、山田礼子教授と研究協力者による研究開発で調査票が大幅に改良され、2018年からは協会の事業として行うことになりました。今後も引き続き、調査の全体データをもとに行った学術研究成果を提供する予定です。
 

学会名イベント発表者題名備考
2018
大学教育学会
大学教育学会2018年度課題研究集会(長崎国際大学2018.12/1~2) 山崎慎一(桜美林大学)
堺完(大分大学)
宮里翔大(桜美林大学大学院)
黄海玉(短期大学基準協会)
短期大学への進学理由が在学時の学びや成長の実感に及ぼす影響とは
(PDF1.99MB)
2018
日本教育社会学会
日本教育社会学会第70回大会(佛教大学2018.9/3~4) 堺完(立教大学)
山崎慎一(桜美林大学)
宮里翔大(桜美林大学大学院)
黄海玉(短期大学基準協会)
進学先としての短期大学とは
-短期大学生調査からみた学生の意識-

(PDF2.19MB)
2018
高等教育質保証学会
高等教育質保証学会第8回大会(中央大学後楽園キャンパス2018.8/2526 宮里翔大(桜美林大学大学院)
堺完(立教大学)
山崎慎一(桜美林大学)
黄海玉(短期大学基準協会)
短期大学での「学び」と総合評価の関連性に関する考察-「幼児・保育」分野に着目して-
(PDF2.6MB)

短期大学における持続可能な質保証とは-評価活動を促進し負担軽減する支援策の検討-
(PDF4.69MB)
2018
大学教育学会
大学教育学会第40回大会(筑波大学2018.6/9~10) 宮里翔大(桜美林大学大学院)
堺完(立教大学)
山崎慎一(桜美林大学)
黄海玉(短期大学基準協会)
短大生の短期大学教育に対する意識と評価-短期大学生調査の経年分析から-
(PDF979KB)
2017
大学教育学会
大学教育学会2017年度課題研究集会(関西国際大学2017.12/2~3) 堺完(立教大学)
山崎慎一(桜美林大学)
黄海玉(短期大学基準協会)
宮里翔大(桜美林大学大学院
短大生調査を通じた教育の有用性の検証
(PDF3.16MB)
2017
高等教育質保証学会
高等教育質保証学会第7回大会ポスターセッション(大阪大学2017.8/26~27) 宮里翔大(桜美林大学大学院)
堺完(立教大学)
山崎慎一(桜美林大学)
黄海玉(短期大学基準協会)
短期大学教育の質的転換と内部質保証システムの構築(PDF1.5MB)
2016
大学教育学会
大学教育学会2016年度課題研究集会(千葉大学2016.12/3~4) 堺完(立教大学)
山崎慎一(桜美林大学)
宮里翔大(桜美林大学大学院)
黄海玉(短期大学基準協会)
短大生調査を通じた内部質保証の推進と短大教育の可視化(PDF1.52MB)
2016
高等教育質保証学会
高等教育質保証学会第6回大会ポスターセッション(東洋大学2016.8/2728 山崎慎一(桜美林大学)
堺完(日本私立学校振興・共済事業団 私学経営情報センター)
黄海玉(短期大学基準協会)
内部質保証システムの構築における短大生調査の活用可能性の検証(PDF519KB)
2016
高等教育学会
高等教育学会第19回大会 (追手門学院大学2016.6/25~26)
山崎慎一(桜美林大学)
宮里翔大(桜美林大学大学院)
堺完(日本私立学校振興・共済事業団 私学経営情報センター)
黄海玉(短期大学基準協会)
短期大学の質的転換を促すための学生調査の開発
(PDF1.03MB) 
2015
大学教育学会
大学教育学会2015年度課題研究集会 (岩手医科大学矢巾キャンパス2015.11/28~29) 堺完(日本私立学校振興・共済事業団 私学経営情報センター)
山崎慎一(桜美林大学グローバル高等教育研究所)
黄海玉(短期大学基準協会)
短大生調査を用いた地域別ベンチマーク指標の開発
(PDF3.02MB) 
2015
高等教育質保証学会
高等教育質保証学会第5回大会ポスターセッション(新潟大学2015.8/27~27) 山崎慎一(桜美林大学グローバル高等教育研究所)
堺完(日本私立学校振興・共済事業団 私学経営情報センター)
黄海玉(短期大学基準協会)
短大生調査におけるベンチマーク作成のための分野別分類コードの開発‐より良い内部質保証活動の構築に向けて‐
(PDF4.22MB) 
2015
大学教育学会
第37回大会(長崎大学2015.6/6~7) 山崎 慎一(桜美林大学 グローバル高等教育研究所)
堺 完(日本私立学校振興・共済事業団 私学経営情報センター)
短期大学における内部質保証システムの構築を支援する学生調査の開発(PDF885KB
2014
高等教育質保証学会 
高等教育質保証学会第4回大会ポスターセッション(成城大学 大学会館2014.8/23~24) 堺 完(同志社大学高等教育・学生研究センター)
山崎 慎一(桜美林大学 グローバル高等教育研究所)
実践的改善プロセスに基づく日本の短大生の実情に即した学生調査の開発(PDF2.08MB)
2014
日本高等教育学会
第17回大会Ⅲ-5部会(大阪大学2014.6/28~29) 堺 完(同志社大学高等教育・学生研究センター)
山崎 慎一(桜美林大学 グローバル高等教育研究所)
短期大学学生調査の改訂及びその実施と運用方法に関する研究(PDF2.34MB)
2013
高等教育質保証学会
高等教育質保証学会第3回大会ポスターセッション(京都大学百周年時計台記念館2013.8/24~25) 堺 完(同志社大学高等教育・学生研究センター)
山崎 慎一(桜美林大学 グローバル高等教育研究所)
主体的な改革・改善を促す新たな短大生調査の開発
-JJCSSの5年間の経験を踏まえて-

(PDF983KB)
2013
日本高等教育学会
第16回大会 Ⅲ-1部会
(広島大学2013.5/25-26)
森 利枝(大学評価・学位授与機構)
渡辺達雄(金沢大学)
相原 総一郎(大阪薫英女子短期大学)
山田礼子(同志社大学)
短期大学のインパクト
-JJCSS2012より-
(PDF876KB)
2012
高等教育質保証学会
高等教育質保証学会第2回大会ポスターセッション(東京大学駒場キャンパス21KOMCEE 2012.8/25~26) 山崎 慎一(桜美林大学 高等教育研究所)
堺 完(同志社大学 大学院)
短期大学学生調査(JJCSS)の研究開発
発表要旨(PDF84KB)
掲載ポスター(968KB)
2011
日中高等教育フォーラム
第5回日中高等教育フォーラム(中国 大連理工大学国際会議センター 2011.9/9~10) 相原 総一郎
(大阪薫英女子短期大学)
教育系短期大学のインパクト
-I-E-OモデルによるJJCSS2009の分析-
(PDF 509KB)
英語版はこちら(PDF 350KB)
2011
日本高等教育学会
日本高等教育学会第14回大会(名城大学2011.5/28~29)
山田 礼子・堺 完
(同志社大学)
短期大学におけるエンゲージメント-短大生の充実感・効能感の規定要因の探索-(PDF 1.28MB) 連名による発表
森 利枝
(大学評価・学位授与機構)
短期大学のインパクト
-JJCSS2009より- (1)カレッジチョイスと進路
(PDF 423KB)
相原 総一郎
(大阪薫英女子短期大学)
短期大学のインパクト
-JJCSS2009より- (2)教育系短期大学のインパクト
(PDF 397KB)
2011
同志社大学主催国際ラウンドテーブル
Round Table International on Quality Assurance for Higher Education and Assessment
(at Doshisha University Higher Education and Student Research Center2011.2/27-28)
森 利枝
(大学評価・学位授与機構)
Higher Education Policy and Quality Assurance in Globalization "Opportunities and Aspirations; Impact of Junior College Experience in Japan"(PDF 0.99MB)
2009
日本教育社会学会
日本教育社会学会 第61回大会(早稲田大学2009.9.12-13) 森 利枝(大学評価・学位授与機構)
相原 総一郎(大阪薫英女子短期大学)
山田 礼子(同志社大学)
JJCSSから見える短大生の姿
-短大生調査の概要と短大生の特徴-
(1)短大生調査の概要(PDF 720KB)
(2)短大生の特徴(PDF 418KB)
3名の連名による発表

2015

高等教育質保証学会

ページトップに戻る