学術研究成果

短期大学卒業生調査

 2016年度から調査研究委員会の責任の下で、「短期大学卒業生調査」の調査票、実施方法等の研究開発が行われてきました。下記の研究成果に示された見解等は、調査研究委員会の公式のものではなく、研究者個人によるものですが、参加校に提供される個々のデータ、調査研究委員会による「全体集計結果報告」と合わせて活用いただくことによって、より広く、深い知見が得られるものと考えます。
 2022年度から「短期大学卒業生調査」は本協会の事業として行うことになりましたが、今後も引き続き、調査の全体データを基に行った学術研究成果を提供する予定です。

日時 実施場所 大会名 発表タイトル 発表者
2021/11/27 芝浦工業大学 大学教育学会課題研究集会 卒業生は短期大学をどのように評価しているか-在学時調査と卒業後調査の比較 堺完(大分大学)
宮里翔大(桜美林大学大学院)
山崎慎一(桜美林大学)
黄海玉(大学・短期大学基準協会)
2021/6/5 関西大学 大学教育学会第43回大会 短期大学の卒業生は在学時の教育をどう評価しているか-卒業後の経過年数別の傾向 宮里翔大(桜美林大学大学院)
堺完(大分大学)
山崎慎一(桜美林大学)
黄海玉(大学・短期大学基準協会)
2020/6/6 九州大学 大学教育学会第42回大会 短期大学卒業生調査(試行版)の集計結果と協力校聞き取り調査から見えた課題 堺完(大分大学)
宮里翔大(桜美林大学大学院)
山崎慎一(桜美林大学)
黄海玉(短期大学基準協会)
2019/11/30 エリザベト音楽大学 大学教育学会課題研究集会 共通設問による短期大学卒業生調査の実施の可能性-試行調査実施内容と結果について 堺完(大分大学)
宮里翔大(桜美林大学大学院)
黄海玉(短期大学基準協会)
山崎慎一(桜美林大学)
2018/12/1 長崎国際大学 大学教育学会課題研究集会 インタビュー調査から見た短期大学における卒業生調査の実施状況とその課題 黄海玉(短期大学基準協会)
宮里翔大(桜美林大学大学院)
堺完(大分大学)
山崎慎一(桜美林大学)