理事長挨拶

関口 修  理事長

 各大学及び短期大学におかれましては、自己点検・評価に加え認証評価を通じて教育の質保証に努められ、着実に伸長されているものとご推察いたします。また、本協会の認証評価の実施に当たりましては、会員校の多大な御尽力によるものが大きく深く感謝申し上げる次第です。

 さて、本協会の平成30年度からの第3評価期間においては、平成28年3月中央教育審議会大学分科会の「認証評価制度の充実に向けて(審議まとめ)」の内容を概ね取り入れていること、本協会が連携協定を締結している米国のACCJCのアクレディテーションスタンダードの枠組も大幅な変更がないことなどから、認証評価基準の枠組みを基本的に維持しつつ、法令の改正や会員校等の意見を踏まえ見直しを図りました。主な改正点は「三つの方針」の評価を充実させるとともに、【自己点検・評価】を【内部質保証】に改めて重点評価項目とし、その評価判定に『内部質保証ルーブリック評価』を導入いたしました。さらにその後の学校教育法、私立学校法の一部改正等への対応も図りました。

 これらを活用して現状の適確な把握、様々な課題の解決に努められ、これまで以上に地域創生等の役割を担われ、更に発展されますことを祈念いたします。

 なお、本協会は、令和2年3月30日付けで、文部科学大臣から大学の認証評価を行う認証評価機関として認証されましたので、法人名を令和2年4月1日から一般財団法人大学・短期大学基準協会に変更いたしました。

 今後は、短期大学に加え大学の教育研究活動等についての総合的な評価を行い、大学・短期大学の主体的改革・改善を支援して、教育研究水準の向上及び質的充実を図る所存でございます。皆様のより一層のご協力を心からお願いし、ご挨拶といたします。